大人ニキビの効果的な治療法

###Site Name###
TOP > 大人ニキビの効果的な治療法

大人になってからできるニキビは、思春期に出来るものとは原因が違います。

思春期では主に皮脂が出過ぎることによるものといわれていますが、大人の場合は角質層の水分量が減少することと、男性ホルモンが増えることだといわれています。

池袋のニキビの情報サイトです。

この男性ホルモンはアンドロゲンといわれ、肌の角質を増やしたり皮脂の分泌を促す働きをしています。

角質が増加することで毛穴に角栓が詰まりやすくなり、皮脂の分泌量が増加することで毛穴にそれが溜まりやすくなりできやすくなります。

大人ニキビの治療法には、一般的に薬が使用されます。皮脂を餌としてニキビを悪化させるアクネ菌は、抗生物質で治癒できます。

外用薬での治療は、毛穴の詰まりを予防して新たに発生させにくくする効果があります。漢方での治療は、治癒にも多少の時間がかかりますが、副作用も少ないために安心して使うことができます。

しかし漢方だけで完治することは難しいため、補助的な目的で利用すると良いでしょう。



大人ニキビができる主な原因は男性ホルモンの増加ですので、そのホルモンの分泌を抑えるピルでの治療法もあります。

ピルの使用で女性ホルモンを男性ホルモンより優位の状況にすることで、できにくい肌へと導くことができます。



ピルを用いた方法は唯一の根本的に改善を見込めるものとして期待されています。


ピーリングによる治療法は、酸性の薬剤を塗布することで肌表面にある古い角質を除去することができますが、刺激が強いため炎症ニキビには向いていないといわれています。